フラで心と身体を美しく

 

ナープアレイラハオレは2019年開校のハワイアンフラダンス教室です。

西武池袋線(江古田駅・練馬駅)地下鉄副都心線有楽町線(氷川台駅・地下鉄赤塚駅)東武東上線(下赤塚駅)沿線地域で活動しています。氷川台・地下鉄赤塚は夜や休日のレッスンでお仕事をされている方が通いやすいクラス。練馬駅前クラスは平日昼間、主婦の方がゆっくりフラを楽しんでいます。ケイキ(キッズ)クラスは平日・週末ともにクラスがあります。ほとんどのクラスが駅から徒歩5分以内の便利なスタジオでのレッスンです。

ハワイアンミュージックにあわせて踊ることの心地よさとリフレッシュ感、フラシスター(共にフラを学び踊る姉妹のような仲間)と踊る充実感を感じてみませんか?

 

 

 

《 新着情報 》

 

 

 

 

 

 

 

 

-主宰 Kazue-

 

ALOHA!

はじめまして。
東京都練馬区で活動するハワイアンフラダンス教室Nā Pua Lei Laha`ole(ナープアレイラハオレ)主宰Kazueです。20歳代の頃に見た古典フラダンスのしなやかで力強い動きと神聖な空気感、自然への想いを大切にする文化に感じたインスピレーションを忘れられず、出会いから数年の時を経てフラを始めました。

<フラを始めた時の想い>

穏やかでありながらリズミカルな音楽に合わせて踊る楽しさ、自然や想いを表現するハンドモーションにどんどん惹かれていきました。レッスンのたびにステップの踏み方はどうするのが正しいのか、どうしたらきれいなフラを踊れるのか、そんな想いが浮かび毎日ステップを踏んでいたことをよく覚えています。
ハワイアンミュージックの流れに癒され、たくさんの曲に触れて聴いてみたいと思いました。
そして、一緒に学んだ仲間。毎週のように一緒に踊り語り、楽しんだ仲間がいたからこそ、フラが私の中に根付き一生のものになったと思います。

`A`ohe pau ka `ike i ka halau ho’okahi  ~全ての知識はひとつの学校からは学べない~

最初に習った教室の先生はクラスでの学びだけでなく、ワークショップなどでハワイの先生から学ぶことも許可してくださいました。今考えると経験が浅すぎてよく理解できなかったように思いますが、第一線で活躍するハワイの先生が生の言葉で伝えてくださる曲の背景となるハワイの風景や文化や出来事等、間近で見せてくださった力強くしなやかなモーションやステップ、まさに本物に触れることができたことでますますフラの世界に惹かれました。

<続けることでフラへの想いは広がりました>

後に、ハワイの有名クム(指導者)から直接指導を受けて熱心に学んでいる指導者の教室に在籍してフラを学びました。それと同時に教室運営の補佐をしてきました。

2014年からは教室で初めてのインストラクターとしてクラスを持たせていただき、フラを伝える側になりました。
教えを受けるだけでなく自分が教えを授ける立場になり、生徒の皆さんに<フラを続けることの楽しさと充実感>を感じていただくことの難しさとやりがいを強く感じました。クラスで生徒さん同士の絆ができていく姿、レッスンの中で湧き出る笑顔に私自身が力をいただきました。
そして、教室の一員としてフラを伝えるうちに、自分なりの想いや伝え方を考えるようになりました。

2019年、私自身の方法でフラの素晴らしさを伝えたいと思い教室を立ち上げることにいたしました。
現在は、ハワイのクム(先生)から踊りだけでなくハワイ語やハワイの文化など、たくさんのことを学び、生徒のみなさまにお伝えしています。